忍者ブログ

銀と灰色の世界にささやかな黄金の青春を

PBW「シルバーレイン」及び「サイキックハーツ」用のキャラブログです。そっち自体の知識がないと読んでも意味わからないですごめんなさい。ここに住んでいるのは、稲田・琴音(b47252)、アリス・ワイズマン(b57734)、シンディ・ワイズマン(b60411)、睦月・絵里(b80917)、睦月・恵理(d00531)になります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

11.24.08:52

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/24/08:52

08.25.23:18

【英雄の謳】仮プレ

b57734_icon_3.jpg




……ああ、その言葉こそ。英雄がきっと誰デモ最初に抱いて、最後までけして忘れずにいナクてはならないものデス。













【事前】
仲間の合図までは、公園内入口近くに座りうとうとしている振りをしつつ周囲を監視。敵らしき存在の接近は起きた振りで合図、確信が持て次第味方に合流。

「…英さん、ですね?あなた達の敵が迫ッテいます。長崎で世界を崩シタものの同類が」

証拠は、大真面目で真直ぐな瞳のみ。


【戦闘】
右中衛内側、英さんの前に位置。初手で幣旗さんに、次手で英さんに「天」を。以降はHP5割未満の味方がいれば「天」、いなければ英さんへ回り込もうとする敵>HP少>犬>ナンバードで「葬」を。「葬」切れなら敵隣接時のみ術攻撃、後は回復専念で陣形を堅持。

万一英さんへ攻撃が向かう時は身を投げ出しても庇い、小さな攻撃者に憐れみと祈りを籠めて語ります。

「こんなに早く死にタクなかった。それは、痛いほどよく判ります。でも、同じ無念を増やサセないとわたしは決めマシタ。だから、sorry…rest in peace」

英さんが真実を望めば飛び込むかも知れぬ、悲しい戦場の一端を示すかのように。

戦闘中は終始英さんを「保護対象」扱いせぬよう、うまくコンビネーションサポートを。また、余裕がある限り花壇へも敵を入れぬよう腐心。



【戦後】

「あの冬の日の真実は、確カニ私達の所にあります。でも、それを見る前に、HERO見習いとシテひとつ聞かセテ下さい」

願いをこめ、見つめて。

「英雄が幸せになれないナラ、英雄が護ったモノは涙で汚れる。あなたは、真実を受け止めて尚幸せにナル覚悟がありますか?」
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら