忍者ブログ

銀と灰色の世界にささやかな黄金の青春を

PBW「シルバーレイン」及び「サイキックハーツ」用のキャラブログです。そっち自体の知識がないと読んでも意味わからないですごめんなさい。ここに住んでいるのは、稲田・琴音(b47252)、アリス・ワイズマン(b57734)、シンディ・ワイズマン(b60411)、睦月・絵里(b80917)、睦月・恵理(d00531)になります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

12.14.11:26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/14/11:26

03.07.01:41

【やさしさの涯て】仮プレ

b47252_icon_1.jpg




……結構、他人事ではないんですよね。
私の場合は、殿方との問題と言うよりは家との問題ですけど。



















私も女子ですから。それこそが力を尽す理由と申せば信じて頂けますか?



【行動】
まずは志願兵として北国の屋敷に。

「琴音と申します。祖先が此方のご領主に深き恩を受けました故、その返礼に馳せ参じました」

全力で挑み、試合後は奏甲で面接官の手当を。

「実は、この方が得意でして」

癒し仲間として桜花姫に近付ければ、弘真様の館通い二日目に、現代より持込の桜の香を携え彼女のご寝所に。

「これは我家秘伝の調香、東の殿のお迎えのお役に立てばと思いまして。如何でしょうか」

少しして、来ない殿の先触れに首を捻り。

「はて、確かに東の殿はいらしたそうですのに。私、少し見て参りましょうか?」

双子話への誘いの水も。




露見には「桜花」たる雪白姫に随伴。

「『雪白』姫、貴女様の想いを助けよとの姉君のお言葉なれば失礼を。あの洞、でお判りでしたね?あの、とは知らぬ事に使えぬ言葉。やはり貴女様は忘れてなぞおられぬのです」

冷静になる暇は与えぬよう言葉は矢継ぎ早に。

「諫言ご無礼とあらばお切捨て下さい。慕う殿と姉君の愛、一人で勝手に捨てて良いものではありませぬ!」



そして、姫が自分の答えを出したなら。

「雪白姫、思い出されませんか?炎の中でも守りきった、何よりも大切な想いを。忘れる事など出来ぬ筈です」

「貴女様が生きたるは遥か昔。今ここにあるは愛深き故に色濃き悲しみの幻……今こそお二人は妨げなく貴女様を待っておられますのに、こんな物は必要ありません」

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら